ここから本文です

コナン20周年SP今冬放送、原作者監修で96年の第1話を完全新作としてよみがえらせる

スポーツ報知 9月15日(木)15時16分配信

 大阪・読売テレビの秋の番組改編発表が15日、大阪・中央区の同局で行われた。同局制作の看板アニメ「名探偵コナン」のテレビシリーズ20周年記念を締めくくるスペシャル「名探偵コナン エピソード“ONE”小さくなった名探偵」を今冬に放送することが発表された。

 原作者・青山剛昌氏が全面監修したオリジナル作。高校生探偵・工藤新一が黒ずくめの組織の手により子供化され、江戸川コナンになってしまった1996年1月8日の第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作としてよみがえらせる。コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、毛利小五郎らもしっかりと描き、その後800話以上のエピソードにつながる伏線も随所に張り巡らせる内容だ。

 また、同局は10月1日からタツノコプロ原作・アニメーション制作の「タイムボカン24(トゥエンティーフォー)」(土曜・後5時30分)を日本テレビ系全国ネットで放送。同局は「歴史を題材に、タイムボカン世代の親が子供たちに安心して勧められる作品」とPRした。動画サービス「ytv MyDo!」でインターネット見逃し配信される予定。

最終更新:9月15日(木)15時16分

スポーツ報知