ここから本文です

志村けん 笑顔で仕事復帰「大丈夫です」、反省も「甘くみてました」

スポニチアネックス 9月15日(木)15時40分配信

 タレントの志村けん(66)が15日、都内で行われたコイケヤ「わさムーチョ新発売&新キャラクター就任式」に出席。志村は先月、肺炎のため主演舞台を中止し、入院。その後、退院し、自宅療養を経て、11日に仕事復帰を果たしたが、体調を崩してから初めての公の場。元気な姿で報道陣の取材に答えた。

 報道陣から体調を気遣われ、「ありがとうございます、大丈夫です」と笑みを浮かべた志村。「舞台の最中に休演日がなかったんです。結構ハードで、名古屋の後半でしんどいなと思って、医者に行ったら、ダメだよ、安静にしてくださいって言われた。でも、大阪の新歌舞伎座が初めてだったので、何とかしていかなきゃと行って、1回はやったけど、後はきつかったですね。みんな期待して待っているのにやらないのは切なくて」と経緯を説明した。

 症状については「最初は夜中戻したりしていて、ずっと眠れなくて、おかしいなと思って、病院に行った。熱も39度ぐらいありましたね。肺炎ですね。疲れがたまってましたね。そんなに重い病気だと思ってなかったんです。大きい病気なんですね、甘くみてましたね」と重症だったことを明かした。「これだけ長く休んだり、舞台を休むのは初めて」としみじみ。2週間の入院を振り返り、「最初は4、5日は酸素吸入から点滴をずっとやっていて、トイレに行くのもきつかった。だんだんそれが外れてきて、それでも、復帰するためには病院から1時間ぐらい抜けて、(体力が落ちないように)散歩はしました。(休んでいる時は)テレビ見ましたね。ずーっとつけっぱなしでしたね。ああいう規則正しい生活って久々ですね」と話した。

 現在は「お酒は軽めに。タバコもあまり吸いたくない、入院中から全然吸ってない。1日3箱吸ってたけど。お酒はやめられない。かなり量は少なめですけど」と苦笑しつつも「(今後、気をつけるのは)深酒かな、3時、4時まではね。2時ぐらいにしようかな」と笑わせた。

 「身体もしんどいけど、待っているお客さんのことを考えるとね。もう2日間やれればい良かったけど、チケット買ったのに見られなかったっていうのがつらかった」とチケットを買ったファンを気遣った志村。「近いうちに。来年ですかね、行きます」とキッパリ。「スケジュールがきつかったんです。もう66(歳)ですからね。11年目で、11年前と同じスケジュールでやってたんですけど、少しは楽しようかな。マイペースでやっていきます」と話した。志村は先月17日に肺炎と診断された。無理を押して大阪で主演舞台「志村魂」に出演したが、19日に入院。20、21日の公演を中止した。先月31日に退院し、自宅療養を経て、11日には日本テレビのバラエティー特番の収録に参加し、仕事復帰していた。

最終更新:9月15日(木)16時39分

スポニチアネックス