ここから本文です

強殺容疑で逮捕状=中国で拘束の女、准看護師遺棄―大阪府警

時事通信 9月15日(木)17時36分配信

 大阪市西成区の准看護師岡田里香さん=当時(29)=が2014年、東京都内で遺体で見つかった事件で、中国で拘束されている元同級生の日系ブラジル人の女(31)=死体遺棄容疑などで逮捕状=について、大阪府警が強盗殺人容疑でも逮捕状を取ったことが15日、府警への取材で分かった。

 
 容疑者の引き渡しと逮捕は、双方の国がともに刑罰を科す罪に関して認められるのが慣例。中国の刑法に死体遺棄罪はなく、岡田さんの死亡について罪に問えない懸念があったため、府警は殺人事件として捜査する意向を示すべきだと判断した。

 府警によると、女は14年3月下旬、岡田さんを自宅で殺害し、クレジットカードなどを奪った疑いが持たれている。 

最終更新:9月15日(木)17時39分

時事通信