ここから本文です

<パラ陸上>佐藤友が2個目の銀 車いす男子1500

毎日新聞 9月15日(木)23時51分配信

 ◇メダル総数は17個、12年ロンドン大会を超える

 【リオデジャネイロ長田舞子】リオデジャネイロ・パラリンピック第9日は15日、陸上男子1500メートル(車いすT52)決勝で、佐藤友祈(WORLD-AC)が3分41秒70で2位となり、今大会2個目の銀メダルを獲得した。佐藤はフィニッシュ後にいったん失格と発表されたが、日本側の抗議で処分は取り消された。上与那原(うえよなばる)寛和(SMBC日興証券)が4位。7着でフィニッシュした野田昭和(鳥取パラ陸協)が失格となった。

 第8日は14日、陸上女子400メートル(切断などT47)で辻沙絵(日体大)が1分0秒62で銅メダル。車いすテニス女子シングルスは3位決定戦で上地結衣(エイベックス)がデフロート(オランダ)にストレート勝ちし、同競技の女子で日本勢初メダルとなる銅メダルを獲得した。

 競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)では木村敬一(東京ガス)が1分2秒43で銀メダルで、今大会3個目のメダル。自転車は、女子タンデム個人ロードタイムトライアル(TT、視覚障害)は鹿沼由理恵(楽天ソシオビジネス)、男子個人ロードTT(運動機能障害C3)は藤田征樹(日立建機)がそれぞれ銀メダルを手にした。車いすラグビーは1次リーグが始まり、B組の日本はスウェーデンを50-46で破って白星発進した。

最終更新:9月16日(金)1時45分

毎日新聞