ここから本文です

安美錦2勝目!午後3時帰宅に「帰ってから長いよ」

日刊スポーツ 9月15日(木)16時51分配信

<大相撲秋場所>◇5日目◇15日◇東京・両国国技館

 夏場所で左アキレス腱(けん)断裂の大けがを負い、名古屋場所の全休を経て復帰した西十両10枚目の安美錦(37=伊勢ケ浜)が宣言通り、相撲で湧かせた。

 初白星を挙げた2日目に「出てくるだけで声援をもらうのは申し訳ない。相撲で応援してもらわなきゃ」と話していたが、この日は俵に足がかかりながら、踏みとどまって西十両14枚目の北太樹(33=山響)を押し出し。2勝目に「勝てば喜んでくれるし、頑張るしかないよね」と、一身に浴びた大声援を励みにした。

 立ち合いで変化されたが、しっかりとついていった。俵に右足がかかったが、あっさり土俵を割る姿もなかった。「右も膝が良くないから、なるべく俵にかかりたくないけど、立った状態でも上半身が丸まって全身に力が入っていれば、残せる。その形をしっかりつくろうと思った」。基本の型を貫き、右を差し、左ははず押し。反撃に転じて、押し出した。

 「(立ち合いで)当たろうという気持ちが強すぎて、昨日は当たった後に伸びちゃっていた。うまく反応できて、上半身で攻めていけたね。勝とうと思うと早く決めたくなっちゃうから、しっかり相撲を取ろうと思った。しっかり相撲が取れたんじゃないかな。出れば何とかなるだろうと思っていたけど、昨日で気持ちを切り替えて、しっかり相撲を取るんだと思ったのがいい方に向いたよ」。巧みな心の切り替え。ベテランのすべを見せた。

 帰りの時刻は午後3時すぎ。まだ日は高い。慣れない景色がある。「相撲を取るのが早いから、帰ってからが長いよ。国技館から帰るとき、やたら人が多いなと思ったら『そっか、まだ3時か』と思った。ここから来る人もいるんだよね」。ちょっぴり寂しがるも「その分、ゆっくりケアしてね」。残る10日間に向けて、時間を少しも無駄にしない。

最終更新:9月15日(木)17時18分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]