ここから本文です

デル、GeForce GTX 10シリーズ搭載の17型/15型ゲーミングノート「ALIENWARE 17/15」

Impress Watch 9月15日(木)19時8分配信

 デル株式会社は、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」より、GeForce GTX 10シリーズ搭載のゲーミングノートPC「ALIENWARE 17」、「ALIENWARE 15」を9月23日より国内で発売する。税別価格はそれぞれ174,980円から、154,980円から。

【この記事に関する別の画像を見る】

 GPUにGTX 10シリーズを搭載することで、デスクトップPC並のグラフィック性能を持たせたノートPCで、ワールドワイドでは5日に発表済み。ALIENWARE初の“VR対応”ゲーミングノートPCを謳う。

 筐体は新規に設計され、陽極酸化アルミニウム、マグネシウム合金、補強鋼や銅といった新素材を採用。独自の温度管理ソリューションとして、銅の配合によってCPU、GPU双方の冷却能力を向上させることに加え、熱を裏側へと放出させる新たなヒンジのデザインにより、性能の向上を実現したとしている。

 キーボードも新開発の「TactXキーボード」を採用。RGB LEDバックライト内蔵で、ゲーミングに適した2.2mmのキーストローク、鋼の補強により耐久性の向上を実現したとする。

 また、オーディオ出力を向上させるため、新スピーカーにオーディオ波形をモニタリングするスマートアンプを内蔵することで、より強力なサウンドを生み出すという。

 外付けGPUを収納しノートPCと接続するボックスデバイス「ALIENWARE Graphics Amplifier」にも対応するため、接続することで4Kゲーミングを超える体験が可能としている。

 加えて、ALIENWARE 17はオプションで視線追跡センサー「Tobii」を搭載でき、ゲーム中の注視パターンの再生などが可能。また、ユーザーがPCの前にいるか、何に注目しているか、デバイスがどうなっているかなど使用状況を検知したり、ゲーマーがシステムから離れると自動ロックする機能を備え、電力や性能の最適化やセキュリティ向上を謳う。

 主な仕様は以下の通り。

 IEEE 802.11ac対応2x2無線LAN(Killer 1535)とBluetooth 4.1に対応する。

 バッテリはリチウムイオンで、通常版の68Whと大容量版の99Whの2つが用意される。ACアダプタは共に240W。

 本体サイズ/重量は、ALIENWARE 17が424×332×29.9mm(幅×奥行き×高さ)/4.42kg、ALIENWARE 15が389×305×25.4mm(同)/3.49kg。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:9月15日(木)19時8分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]