ここから本文です

メルセデス・ベンツ、最高級の室内空間を実現した8800万円の「マイバッハ S 600 プルマン」

Impress Watch 9月15日(木)19時42分配信

 メルセデス・ベンツ日本は9月15日、メルセデス・マイバッハの最上級グレード「マイバッハ S 600 プルマン」の注文受付を開始した。同モデルは完全受注生産モデルで、受注から納車まで最短で約12カ月が必要。「日本市場向けモデルの年間生産台数は僅少」としている。価格は8800万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 マイバッハ S 600 プルマンは、ベースとなるマイバッハ Sクラスから1000mm以上長い全長6500mm、ホイールベース4418mmという体躯を備えたモデル。全高は1598mmと、メルセデス Sクラスより100mm以上高く、ルーフラインの形状変更によってヘッドルームを拡大した。

 その室内では全面本革張りを標準仕様とし、ルーフライナーやドアフレーム、シートコンソールにまで高級本革を使用。後席のルーフライナーには外気温度計、スピードメーター、時計の3連アナログメーターをレイアウトする。また、後席は向かい合わせ配置で、オーナーとゲスト向けに前向きのエグゼクティブシートを、その他の乗員には後ろ向きの可倒式シートを設けた。リアシートは左右ともに垂直に近いポジションから、スイッチ操作でバックレストを43.5度までリクライニングできるようになっている。

 そのほか後席と前席の間にガラス製パーティションを設置。このパーティションは電動操作で上下の位置を調整することができ、ボタン1つで透明と不透明の2つのモードを切り替えることができる。同機能と標準装備のリアウィンドウ用の電動カーテンを組み合わせることでプライバシー性を確保。パーティションには18.5インチモニター(16:9フォーマット)が装着される。

 車内の音響にはドイツのハイエンドオーディオ専門メーカーであるブルメスターと共同開発したサウンドシステムを採用しており、16個のハイパフォーマンススピーカーで合計850Wの大出力を誇る。さらに24個のハイパフォーマンススピーカーとそれぞれを駆動する24チャンネルアンプによる合計1520Wの出力を誇る5.1チャンネルサラウンドシステムの「Burmesterハイエンド3Dサラウンドサウンドシステム」も設定した。

 パワートレーンは最高出力390kW(530PS)、最大トルク830Nm(84.6kgm)を発生するV型12気筒6.0リッターツインターボエンジンに7速AT「7G-トロニック」の組み合わせになっている。

Car Watch,編集部:小林 隆

最終更新:9月15日(木)19時42分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]