ここから本文です

高橋「納得のプレーで金」=バドミントン―リオ五輪代表祝賀会〔五輪〕

時事通信 9月15日(木)19時49分配信

 リオデジャネイロ五輪で二つのメダルを獲得したバドミントン日本代表の祝賀会が15日、東京都内のホテルで行われ、全種目を通じて初の金メダルに輝いた女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組、女子シングルス銅の奥原希望(いずれも日本ユニシス)らが、約320人の関係者の前で喜びを語った。
 高橋は「納得のいくプレーができ、金メダルを獲得できた」と振り返り、松友は「これからも二人で頑張っていきたい」と意欲的に語った。奥原は「東京五輪で悔しさを晴らせるように一から頑張っていきたい」と誓い、決意を新たにしていた。

最終更新:9月15日(木)19時54分

時事通信