ここから本文です

【陸上】桐生が帰国「楽しいシーズンだった」…9月はオフで10月から練習再開

スポーツ報知 9月15日(木)20時28分配信

 リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルに輝いた桐生祥秀(20)=東洋大=が15日、国地域別対抗戦「デカネーション」が行われたフランスから羽田空港に帰国した。

【写真】銀メダルに輝いた鹿沼(右=ロイター)

 今季ラストランとなった13日の100メートルでは1・9メートルの向かい風の下で10秒35。元世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)に次ぐ2位の成績に「もう少し詰めたかったけど、ほとんど練習せずに現地に行ったのでこんな感じかな。これでシーズンが終わり、ホッとしている」と語った。

 初出場の五輪に臨んだ今季を「最後までできたことはよかった。楽しいシーズンだった」と振り返った。9月はオフに当てて、10月から練習を再開する。大舞台に立った心身の疲労も大きかったようで「ちょっとは走らなくていいかな」と明かし、「オフはいろんなところへ行って、いろんなものを食べたい。馬刺しとか焼き肉をガッツリいきたい」と語るなど、終始笑みが絶えなかった。

最終更新:9月15日(木)21時3分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。