ここから本文です

「Rez infinite」は4K画質とVR対応によって進化した「究極のRez」

Impress Watch 9月15日(木)21時48分配信

 エンハンス・ゲームズは、10月13日の発売を予定しているプレイステーション 4用アクション・シューティング「Rez infinite」のメディアセッションを東京ゲームショウ2016、プレイステーションブースにて開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ステージにはディレクターの水口哲也氏と、プロデューサーのマーク・マクドナルド氏が登壇し、実機によるデモンストレーションや開発にあたってのエピソードなどを披露した。

 オープニングでは本作のために特別に開発された「シナスタジアスーツ」を着た水口哲也氏が登場し、実機でのデモンストレーションを披露。このスーツは全身にゲームプレイと連動する26個の振動素子が搭載されたインナーと、振動にシンクロするLEDが内臓されたアウターで構成されており、水口氏は今回インナーのみを着用。氏はこのスーツを着用してのゲームプレイを「ステージにいることを忘れるほど気持ちいい」と表現した。

 ステージではこのほか、本作が初披露された昨年の「PlayStation Experience 2015」の様子や、開発にあたってのエピソードなどが語られた。水口氏は本作の開発にあたり意識した3大要素を「4Kに対応する高解像度」、「単なるリマスターではない完全新規のステージ」そして「VRへの対応」だとコメント。「インフィニット」というタイトルについては「1回クリアして終わるのではなく、何度も繰り返し遊んでもらえるように」と命名の由来を明かした。

 「インフィニット」で追加された新ステージ「エリアX」については、最新の「Unreal Engine」を用いて開発されており、旧来のステージとはまた違ったプレイ感覚が味わえるという。「上下左右の空間を自由に飛び回り、全方向から音が向かってくる感覚を、ぜひPlayStation VRで体験してもらいたい」とコメントした。

 そしてついに、マーク氏による「エリアX」の実機プレイデモが披露された。無数のパーティクル(粒子)が浮遊する空間を縦横無尽に移動し、音楽とともに変化する美麗なグラフィックスには、同時放送が行なわれていたニコ生上でも感嘆のコメントが挙がっていた。水口氏は「今回はスクリーンでのプレイ映像だが、ぜひVRで体験してもらいたい。まるで「音を見る」ような、あまり経験したことのない感覚が味わえる。25年ゲームを作ってきて、遂にこういう時代に入ったことに興奮している。ゲームの進化はテクノロジーの進化、新しいインスピレーションは真っ先に形にしたい」と語った。

 また水口氏はニコ生上での「VR酔い」を心配するコメントを目にし、「VR酔いを起こさないよう細部までチューニングを行なっている。むしろ気持ち良くプレイしてもらえると思う」と自信を見せた。

 本作は10月13日にPS VRとの同時発売を予定しており、PS4のみでも遊べる仕様となる。基本はダウンロード販売のみだが、通販サイト「iam8bit(http://store.iam8bit.com/)」限定でフィジカルパッケージも販売され、日本からもオーダーが可能。また3枚組のアナログレコードとアートブックがセットになったサウンドトラックや、Tシャツなどの各種グッズも発売される。

 最後に水口氏は「詳細は未定だが、発売前にサウンドと映像をゆっくり体験できるカウントダウンイベントを開催する」と約束し、ステージを締めくくった。

[お詫びと訂正]
記事掲載当初タイトル名表記に誤りがありました。お詫びしてここに訂正いたします。

GAME Watch,市川太一(クリエンタ)

【関連記事】

最終更新:9月16日(金)1時45分

Impress Watch