ここから本文です

スクウェア・エニックス、スマホ向け新作アクションゲーム「フレイム×ブレイズ」発表

Impress Watch 9月15日(木)22時32分配信

 スクウェア・エニックスは、Android/iOS用アクションゲーム「フレイム×ブレイズ」の発表会を東京ゲームショー2016にて開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 完全新作アクションゲームとなる本作について、プロデューサーを務めるスクウェア・エニックス岡山博紀は「すごく濃い面子で作ってるのに、1番キャラクターの薄い僕が説明することになりました」と笑いながら、本作の魅力を語った。

 まずは「フレイム×ブレイズ」とはどんなゲームかを説明するために、「巨大ボス vs 巨大ボス」、「友達と3on3アクション」、「勝利のカギはモンスター」と3つのキーワードを提示。

 本作のもっとも特徴的なところは、最後に登場する「リアクター」と呼ばれる巨大ボス同士の戦いで決着をつけるところだ。それぞれのチームのリアクターを強くするために、プレーヤーは「エージェント」と呼ばれる異なる性能を持ったキャラクターを操作し、3 on 3バトルで「マナ」を集め、リアクターを育てる必要がある。

 もうひとつ特徴的なのが、倒したモンスターがマナを落とすと同時に、味方になって一緒に戦ってくれるところ。これにより、PvPが苦手なプレーヤーもモンスター狩りに専念して仲間を増やせば、チームに貢献することができるとのこと。

 そしてさらに駆け引きの要素として「スタイルチェンジ」というものもある。条件を満たすと変身して、近距離主体のエージェントが遠距離主体の攻撃になったりと攻撃方法をガラリと変えることができる。チームワークを発揮するスタイルの組み合わせを選択することで、より柔軟に戦うことができる。

【「フレイム×ブレイズ」トレーラー映像 TGS2016】

 今回、開発中ではあるものの、早速プレイしているところを「バグるの覚悟で」見せてくれるとのことで、一緒に遊んでくれる仲間としてゲストを呼び込む。ニコラス役の声優・鈴原言美さん(アライズプロジェクト)と、なんとスクウェア・エニックス代表取締役社長の松田洋祐氏が登場! 3人による協力プレイの様子を見せてくれることになった。

 そこに突如乱入した全身タイツの男たち。係り員に押さえつけられながらも壇上に躍り上がり、「FXB団」と名乗り岡山プロデューサーたちに対戦を申し込む。これにて、「FXB団」と「チームスクエニ」とで3on3の対戦プレイの場が整った。

 対戦は10分ほどで決着がつく短いスパンのもの。対戦で大切なこととして、鈴原さんは意味ありげに「牛を倒すこと」と語る。これは特殊なモンスターで、通常モンスターは倒すとついてきて一緒に戦ってくれるが、「牛」は敵の本陣目がけて突っ込んでいき、本陣でマナを恒常的に出し続けるモンスターを破壊してしまう。本陣を守る戦力を分けたり、逆に固まって移動して集中攻撃でモンスターやエージェントを倒したりと、駆け引きが重要になりそうなゲームになっていた。

 FXB団はたまに無意味にステージ前面に出て来てポーズを取ったりなど場をかく乱しつつも奮戦、きちんとマナを稼ぎ、ラストのリアクター同士の対戦では互角の勝負に持っていく。

 プレーヤーは直接リアクターを倒したり、モンスターや牛を倒して仲間を集め、物量で囲んだりといった行動がとれる。直接攻撃はほとんど効かないが、当て続けるとダウンして、攻撃が通るようになる。負けそうになったら一斉攻撃による一発逆転も可能だという。

 対戦の結果はダウンを見逃さず攻撃を集中したチームスクエニの勝利となった!

 最後に鈴原さんは「大勢でプレイするとすごい楽しいゲーム。ぜひワイワイ楽しんでください」と語り、岡山プロデューサーは「パラメーターやガチャのレアリティでなく、プレイスキルで優劣がつくスマホゲームとしてはチャレンジブルなゲーム。ワイワイやっても楽しいですし、ガチで上を目指しても面白いと思います」と語る。

 最後に松田社長は「プレイするだけじゃなく見ても面白いゲーム。弊社が池袋にオープンしたゲーム観戦用シアターカフェ&ダイニング『ストーリア』もご利用いただきたいですし、海外からもご好評いただいたので、海外進出も積極的に考えています」と意欲的に語った。

GAME Watch,大用尚宏(クリエンタ)

【関連記事】

最終更新:9月15日(木)22時32分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。