ここから本文です

映美くらら、第1子妊娠「お腹の小さな命を感じ、夫婦で深い喜びを感じています」

スポーツ報知 9月15日(木)21時17分配信

 元宝塚歌劇団月組トップ娘役の女優・映美くらら(37)が15日、ブログを更新し第1子の妊娠を報告した。

 「この度 新たな命を授かりました。今は安定期を迎え、心身ともに元気に過ごしております。日ごとに成長していくお腹の小さな命を感じ、夫婦で深い喜びを感じています。母子ともに元気にその日を迎えられる様、ゆっくりと母になる準備をして大切に育んでいきたいと思っています」と現在、安定期に入り夫婦ともに喜んでいるという。

 また、「ずっと変わらず応援してくださっているファンの皆さん、いつもお世話になっている関係者の皆さんには心より感謝申し上げます。引き続き あたたかく見守ってくださいます様よろしくお願い致します」とファン、関係者へ言葉をつづった。

 映美は、15年5月に当時40代の一般男性と結婚していた。

 <映美くらら>(えみ・くらら)1979年6月15日、熊本県生まれ。高校の修学旅行で宝塚を観劇したのがきっかけで97年、宝塚音楽学校へ入学。99年、宝塚歌劇団へ入団。01年、入団3年目の早さでトップ娘役に。04年「TVや映画の芝居もしたい」と宝塚を退団。05年、ドラマ初出演。12年、「鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記」でドラマ初主演。

最終更新:9月15日(木)21時17分

スポーツ報知