ここから本文です

稀勢の里白星先行に横審委員長「あと10日勝てば」

日刊スポーツ 9月15日(木)20時5分配信

<大相撲秋場所>◇5日目◇15日◇両国国技館

 横綱審議委員による本場所総見となったこの日、西の升席でメンバーが、熱戦を観戦。綱取りのかかる大関稀勢の里(30=田子ノ浦)らの相撲に、熱視線を送った。

【写真】稀勢の里が平幕に2敗 友綱審判長「確率10%…」

 守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)も観戦。今場所は初日に稀勢の里が敗れた際は「想定内の負け。この先、勝ち進めるのかなと思いますね」と落胆し、2日目に白星を挙げると「今日は徹底的に褒めます。力強い相撲を取ってくれれば希望が持てる」と話すなど、その動向にヤキモキさせられていた。

 この日の稀勢の里は、初顔の貴ノ岩の挑戦を退け快勝。今場所初めての連勝、初めて白星先行と、5日目にしてのこの事象さえ“想定外”だろうが、同委員長は「あと10日(全て)勝てば13勝2敗。そう考えた方が希望があっていいでしょう。13勝ということは2横綱にも勝つわけだし、そうなれば文句なしでしょう」と笑顔で話した。

 ただし、優勝のラインが12勝3敗に下がった場合は…。これには「星の内容にもよるでしょうし、即OKということは…。私1人では決められない。かつて見送られた例もあるし、必ずしも優勝即(昇進)とは…。反対もあるかもしれません」と、難色を示す委員が出る可能性に言及した。

最終更新:9月15日(木)20時13分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]