ここから本文です

「龍が如く6」に山下達郎が楽曲提供

日刊スポーツ 9月15日(木)20時15分配信

 セガはPS4向けゲームソフト「龍が如く6 命の詩(うた)。」において、シンガーソングライターの山下達郎(63)の楽曲提供が決まったことを15日、発表した。

 「龍が如く」シリーズは、シリーズ累計800万本を突破した同社の人気作。最新作には主題歌「蒼氓(そうぼう)」をはじめ、「希望という名の光」、「飛遊人-Human-」、「片想い」、「アトムの子」の全5曲。山下は「ゲームへの楽曲提供も生まれて初めてです。お仲間に加えていただき、ありがとうございます。ですが、こんな硬派なストーリーに私の歌で本当によろしいのでしょうか(笑)。お手やわらかに。押忍!」とコメントを寄せた。シリーズ作の総監督を務める名越稔洋氏(51)は、千葉市で開催中の東京ゲームショウ2016で、セガブース内で行われたステージに登場。「感無量のひとことです」と話した。

最終更新:9月15日(木)20時15分

日刊スポーツ