ここから本文です

ミニパト奪い40キロ逃走=赤色灯をつけ、58歳男逮捕―岡山県警

時事通信 9月15日(木)22時29分配信

 ミニパトカーを奪い逃走したとして、岡山県警岡山北署は15日、窃盗容疑で自称香川県綾川町畑田の無職穴吹和彦容疑者(58)を現行犯逮捕した。

 容疑を認め「むしゃくしゃして腹が立って盗んだ」などと話しているという。高速道路を約40キロにわたって逃走した。

 県警によると、15日午後、穴吹容疑者とみられる人物から「交通事故でもめている」と110番があり、岡山北署のミニパトカーが現場に出動。午後3時55分ごろ、岡山県吉備中央町の商店の駐車場で、男性警部補が職務質問したところ、同容疑者がミニパトカーに乗り込み逃走した。

 穴吹容疑者は高速道路に入り、赤色灯をつけたまま逃走。同県総社市の岡山総社インターチェンジ付近でタイヤがパンクし停車したところを逮捕された。

 逃走中に広島県福山市の会社員(51)が運転する乗用車と接触したが、会社員にけがはなかった。男性警部補は、ミニパトカーのかぎを付けたままエンジンをかけた状態で職務質問をしていたという。 

最終更新:9月15日(木)22時35分

時事通信