ここから本文です

【C大阪】清原、紅白戦で攻守に奮闘 北九州戦で5試合ぶり先発も

スポーツ報知 9月15日(木)22時31分配信

 J2で現在3位のC大阪は15日、北九州戦(18日・本城)へ向け、大阪・舞洲(まいしま)で紅白戦を行った。右足の腓腹(ひふく)筋損傷が回復したMF清原翔平(29)が主力組の2列目に入り、攻守に存在感。日本代表MF山口らと好連係を見せ「痛み? 問題ない。次、先発できたら90分頑張りたい。勝ち続けないと」と気合十分だった。現在、チームは勝ち点3差でJ1自動昇格圏2位・松本の背中を追っている。

 大熊清監督(52)は「清原は良かった。運動量が多く、ミスが少ない。守備の意識も高い」と絶賛。前節の長崎戦(11日・金鳥スタ)に途中出場して公式戦復帰した背番号18が、今節は5戦ぶりに先発する可能性が出てきた。

最終更新:9月15日(木)22時31分

スポーツ報知