ここから本文です

古久根ラス「ちょっと失敗」/日刊杯

日刊スポーツ 9月15日(木)21時46分配信

<日刊スポーツ杯争奪 スリアロトーナメント2016>◇予選C卓1回戦◇東京・麻雀スタジオ◇日刊スポーツ新聞社後援

 古久根英孝(元最高位戦日本プロ麻雀協会)は、初戦ラスからの発進となった。

 前半は加藤、後半は河野とじゃいが点数を増やす中、一時は箱を割る状態に。それでもオーラスには加藤から出上がりし、次戦につないだ。「伸び伸び打ちすぎてちょっと失敗しましたね。ただ、腕は振れているので次戦に向けてはそんなに悪くない気はしてます。次も頑張ります」と、落ち着いていた。

最終更新:9月15日(木)21時46分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。