ここから本文です

ブラジル・サンパウロ出身の歌手エドアルド、「江戸あるど」に“変身”しデビュー曲披露

スポーツ報知 9月15日(木)23時31分配信

 ブラジル・サンパウロ出身の歌手エドアルド(32)が15日、都内でデビューシングル「母きずな」のヒット御礼イベントを行った。

 昨年10月のデビュー以来、同曲は売り上げ2万5000枚を突破し、好調だ。この日は「江戸あるど」に“変身”し、花魁(おいらん)風の着物姿の女性をバックに同曲を披露した。

 エドアルドは「3万枚を目指して、年末の音楽番組の新人賞を目標に頑張っていきます」と力強く宣言。母国ブラジルと日本の架け橋として、活躍することを誓った。

法被姿でイベントを行ったエドアルド

【関連記事】

最終更新:9月15日(木)23時31分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。