ここから本文です

志村けん、笑顔で「体はだいじょうぶだぁ」退院後初の公の場

スポーツ報知 9月16日(金)6時5分配信

 先月、肺炎のため約2週間緊急入院していたタレントの志村けん(66)が15日、都内イベントに出席。退院後、初めて公の場に登場した。

 「体はだいじょうぶだぁ」と笑顔で取材に応じ、病状を報告。「舞台のスケジュールがきつくて。もどしたり、39度くらい熱が出て、おかしいなと病院にいったら、絶対安静だと言われた。こんだけ長く休んだのは初めてかも。唯一の夏休み」と話した。

 1日に3箱吸っていたたばこをやめているそうで「吸う気にならない。やめられるんじゃないか」と禁煙宣言。一方の飲酒は退院後すぐに解禁し、「3時、4時まで飲んじゃうのを2時までにしようかな」と笑わせていた。

 志村は大阪で座長公演「志村魂」上演中の8月19日に緊急入院。20、21日の公演は中止し、31日に退院。今月11日にテレビ番組の収録で仕事復帰していた。

最終更新:9月16日(金)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。