ここから本文です

渡辺直美、体重増で世界進出 米国では「ガリガリなので…」と不安

オリコン 9/15(木) 19:03配信

 お笑いタレントの渡辺直美が15日、都内で行われた初ワールドツアー『Naomi Watanabe WORLD TOUR』囲み取材に出席。世界進出にかける思いを聞かれると「この体型で挑むことに意味があると思うのですが、アメリカではガリガリなので逆に不安なくらい。ちょっと太ってから行こうかな…」と体重増で挑戦することを明かした。

【写真】ビヨンセ風? 渡辺直美、ワールドツアービジュアル

 今回のツアーでは、2014年に留学したニューヨークとエンターテイメントの本場としても知られるロサンゼルス、自身となじみの深い台湾での公演を実施。得意の「ビヨンセネタ」をはじめとしたダンスパフォーマンスを中心に、VTRネタなども披露する予定となっている。

 芸歴10周年を迎えた“節目”での挑戦に「新しいことに挑戦したいと思いました。売れると最初のネタをやらなくなる人もいるんですけど、私は50歳、60歳になっても(ビヨンセネタを)ずっとやり続けたい」としみじみ。「原点に戻って、ビヨンセをやろうと思います。体はけっこうボロボロで、けっこうヤバいので、体が動くうちにツアーをやっておきたいなと思いまして…」と苦笑いを浮かべた。

 ツアーチケットの売れ行きも好調のようで「ちょっと自慢していいですか? すべて即完しました! 売れなかったらどうしようと思っていたので、自分が一番ビックリしました」とニンマリ。「すごくチキンなんですけど、そんな私がこんな厳しい世界でこれまでよく続いてきたなと思います。これからは自分から動かないと…」と気持ちを引き締めていた。

■『Naomi Watanabe WORLD TOUR』公演概要
ニューヨーク公演:10月2日、Webster Hall(ウェブスター・ホール)
ロサンゼルス公演:10月4日、Union Nightclub(ユニオン・ナイトクラブ)
台北公演:10月18日、Omni Nightclub Taipei(オムニ・ナイトクラブ台北)

最終更新:9/15(木) 19:10

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]