ここから本文です

三遊亭円楽『ENGEIグランドスラム』で落語披露 民放では襲名後初

オリコン 9月15日(木)12時1分配信

 落語家の三遊亭円楽(66)が、17日に放送されるフジテレビ系「土曜プレミアム」のお笑い特番『ENGEIグランドスラム』(後7:00)第6弾に出演し、落語を披露することが明らかになった。民放キー局での落語披露は六代目の襲名後初となる。

【写真】司会を務めるのはナインティナイン&松岡茉優

 お笑いコンビのナインティナインと女優・松岡茉優が司会を務める同番組。今回は30組近くの芸人が集結し、250分(4時間10分)と過去最長のボリュームで放送されることが決定している。円楽は午後10時台、番組の佳境で満を持して高座に上がる。

 収録ではスタジオ観覧客から万雷の拍手を浴び登場。今回はスマートフォンの話題という円楽らしい身近な話から入り、一気に観客の笑いと心をつかんだ後、十八番(おはこ)の本ネタへ…。達人の噺(はなし)に、観客は無心に聞き入った。

 円楽は「皆さんにみたいにドンドンドーンと笑わす芸じゃないからね。所々分かっていただいて…分からない所はググっていただいて…そんな感じで」と自身のネタについてコメント。「でも最近、増えましたよ、若い方で落語が好きな方がね。だから今回みたいに、1度聞いてもらうと“あっこういうストーリーなんだ、登場人物がいて、1つの物語なんだ”って、そのキッカケになれれば幸いですから」と期待を込めた。

最終更新:9月15日(木)12時6分

オリコン