ここから本文です

民放連・テレビドラマ最優秀賞はWOWOW『この街の命に』

オリコン 9月15日(木)16時48分配信

 テレビ・ラジオの番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953年に創設した日本民間放送連盟賞の受賞作が15日、発表された。番組部門テレビドラマ番組の最優秀賞は、WOWOWが制作・放送された『ドラマW この街の命に』決定した。

『民王』の遠藤憲一はギャラクシー賞受賞

 同ドラマは、加瀬亮、戸田恵梨香、田中裕子らが出演し、犬猫の殺処分に直面する行政獣医たちの葛藤と再生を描いた社会派作品。今回、「あまり語られることのないテーマをあえて取り上げたことが高く評価される。ドラマという手法を選んだことで、作り手の思いを自然な形で訴えかけることに成功している」と評価された。

 同じく優秀賞には、『下町ロケット』(TBSテレビ)、『民王』(テレビ朝日)、『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』(テレビ東京)、『火曜スペシャル 山本周五郎人情時代劇 めおと蝶』(BSジャパン)、『中京テレビスペシャルドラマ マザーズ2015 ~17歳の実母~』(中京テレビ放送)、『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 第3回 大正駅「新しい海の出現」』(関西テレビ放送)が選ばれた。

 そのほかの入選作品は日本民間放送連盟公式サイトに掲載。

最終更新:9月15日(木)17時26分

オリコン