ここから本文です

松坂桃李、パブリックイメージからの脱却「自分へのハードルを高くかけられるように」

オリコン 9月16日(金)8時40分配信

 NHK大河ドラマ『真田丸』をはじめ、盛り上がる“真田イヤー”。記録的ヒットを打ち立てた舞台『真田十勇士』の映画版は、鬼才・堤幸彦による、日本映画史上類を見ない大スケールのセット、のべ15000人のエキストラ参加など、型破りなエンタテインメント超大作。舞台版に続き、堤監督とタッグを組んで艶と影をあわせ持つ忍者・霧隠才蔵を演じた松坂桃李に、堤組の印象や作品世界の魅力などを聞いた。役の幅を広げている印象のある、近年の俳優業についても語ってくれた。

【写真】さわやかキャラから脱却?松坂桃李インタビューカット

◆中村勘九郎さんと一対一の立ち回りができる幸せな時間

――2014年の舞台版でも、十勇士いち容姿端麗で頭の切れる忍者・霧隠才蔵を演じた松坂さんですが、多くの名優たちが演じてきた才蔵というキャラクターの魅力、また、滅びの物語でありながら、大河ドラマをはじめ数々の舞台、映像化されてきた真田一族をめぐる作品世界の魅力については、どう捉えていますか?
【松坂桃李】 もちろん史実もちゃんとありますが、男のロマンをすごく感じるんです。だからこそこれまでにも、いろいろな方向性から違った切り口の物語が作られてきたんじゃないかと思います。才蔵のイメージについては、中村勘九郎さん演じる猿飛佐助が太陽ならば、才蔵は月みたいなもの。まさしく“THE・忍び”という影の部分が大きいところが魅力です。

――今回の映画化にあたっては、どのようなことを意識されましたか?
【松坂桃李】 映像だとカメラの寄り引きなどもあって、舞台以上にディテールやニュアンスの部分が必要とされるので、才蔵の細かいところにも色を塗っていこうという意識はありました。例えばより細かいニュアンスが出るように、舞台版とはヘアスタイルを少し変えてみたりして。「目が若干見えない感じっていうのも、ありなんですかね?」などヘアメイクさんたちと話しながら作っていったのですが、ほとんど見えなくて(笑)。

――佐助を抱えて飛ぶシーンもありましたね。
【松坂桃李】 そこが大変でした! 帯で結んでいるだけだったので、勘九郎さんもキツかったんじゃないかな。今回、勘九郎さんは本当に生傷が絶えなかったと思います。火あぶりをされながらの立ち回りとか“何をやらせているんだろう!?”と思いました(苦笑)。でもあのときの勘九郎さん、めちゃくちゃカッコいいんですよね。

――中村勘九郎さんとも、舞台版に続いての共演になりました。
【松坂桃李】 幸せな時間でした。とくに後半、佐助と一対一のシーンを撮れたことがすごく嬉しくて。勘九郎さんとさしで立ち回りができるなんて“なんていい時間なんだ!”と感じていました。

――佐助たち十勇士が、平凡な武将の真田幸村を“嘘”で立派な武将に仕立てあげていくユニークなストーリーには、「嘘もつき通せば真実になる」というテーマがあります。これについてはどう思いますか?
【松坂桃李】 僕らのやっているこの仕事もフィクションなので、それを本物にするという意味では、通じるところがあるのかもしれません。例えば、嘘と言われることでも、本当だと思い込みながらやっていくことで、本当が広がっていって、本物になる。そういう広がり方は感じます。

――昨秋放送された、堤幸彦演出の主演ドラマ『視覚探偵日暮旅人』(日本テレビ系)では、作品を通して「自分が本当に信じるものが“本当だ”と思えば、それが真実になる、ということを教えてもらいました」というコメントを出されていました。堤監督は、松坂さんにとってある意味、真実や可能性を広げてくれる存在でもあるんでしょうか?
【松坂桃李】 作り上げた世界観を、より本物にできる方というのでしょうか。それをキャスト、スタッフ全員がしっかりと共有できる演出然り、空間を作ることができる。だからこそ、みんなが恐れず、その船に乗ることができる。そういう大きなものを感じます。

◆「松坂くん、こういう作品やるんだ!?」と言われることが多くなりました

――どの作品も、撮影に臨まれるときには迷いのない状態なんですか?
【松坂桃李】 いや、迷います。迷いながらやっているときもありますし、シーンを撮ってから気づくこともあります。先日まで撮影していた『キセキーあの日のソビトー』(2017年新春公開/兼重淳監督)では、シーンを撮った後に「監督、こんな感情が出てきてしまったんですけど」「そうだよね、じゃあ次のシーンは、こう立て直すよ」ということもありました。だから組によって、違うんだろうと思います。それぞれの作品の色というものがあるので、そこに自分がしっかりと入っていけるように、あまり頭でっかちになり過ぎないようにしたいと思っています。

――二枚目に、三枚目に汚れ役に、精力的に経験を積まれていくなかで、気をつけていることはありますか?
【松坂桃李】 お芝居の鮮度を落とさないようにしたいということは、大事にしています。知識や理屈ばかりにならず、でも考えることって本当に大事です。だから考えることは大前提なんですけど……現場に入ったときに、いろいろな人の言葉というプレゼントをもらうということですかね。現場でのその瞬間の空気というか、相手からもらえる言葉というのは、台本に書かれているセリフとはまた違う印象を受けたりすることがあるんです。相手からのプレゼントをしっかり受け取れるように、アンテナを張り続けることが、お芝居の新鮮味にもつながっていくんじゃないかと思います。「プレゼントをしっかりともらってくださいね」って、舞台『HISTORY BOYS』(2014年)をやったときに演出家の小川絵梨子さんが言ってくださった言葉なんです。相手からのプレゼントを受け取り、自分もプレゼントを贈る。そういうことを大事にしてくださいって。その言葉がずっと、心に残っているんです。

――舞台に、映像に、バラエティ豊かな作品で、一作ごとに新鮮な印象を残す、松坂さんの秘密の一端を垣間見た気がします。最近の松坂さんには、霧が晴れたような印象を受けますが、ご自身のなかで変化を実感されることはありますか?
【松坂桃李】 この夏に挑戦する舞台『娼年』(三浦大輔演出、R15指定)然り、2年くらい前から「松坂くん、こういう作品やるんだ!?」と言われることが多くなりました。それまでのパブリックイメージは、さわやかな好青年という感じだった気がするんですけど、ギャップを受け入れてもらえるようになってきたというのか。実際、そういうきれいな作品もたくさんやらせていただいたし、そこを突き詰めていくのもすごくいいと思うんですけど、自分が自分にかけるハードルが低くなるなって、僕自身のなかでちょっと思ったことがあったんです。それをどうにかしたいなと思っていた時期に、運良くいろいろな作品をやらせてもらえることがありまして。そこからまた、自分が自分にかけるハードルを、ちゃんと高くかけられるようになれた気がしています。
(文:石村加奈)

最終更新:9月16日(金)8時40分

オリコン