ここから本文です

東京都区部マンション発売急減 世田谷・杉並区など中心に売れ行き鈍る

SankeiBiz 9月15日(木)7時1分配信

 不動産経済研究所(東京都新宿区)が14日発表した8月の首都圏マンション市場動向によると、全体の発売戸数に占める東京都区部の比率は31.7%となり、リーマン・ショック直後の2008年10月(28.7%)以来の低水準となった。

 大型物件の売り出しがなかったうえ、世田谷区や杉並区などを中心に、販売価格の割高感によって売れ行きが鈍った物件が顕在化。発売戸数は623戸と前年同月実績に比べ半分近くまで落ち込んだ。

 首都圏全体の発売戸数は前年同月比24.7%減の1966戸。当初見込みの2500戸を大幅に下回り、9カ月連続のマイナスとなった。

 実際に売れた戸数の割合を示す月間契約率は66.6%。好不調の目安となる7割を3カ月連続で下回った。

 1戸当たりの平均価格は3.6%減の5662万円。ただ、東京都区部は高級物件が下支えして、11.3%増の7238万円と引き続き高水準で推移している。9月の発売戸数は23%増の3000戸を見込んでいる。

最終更新:9月15日(木)7時1分

SankeiBiz