ここから本文です

阪神・サターホワイト、悪夢初黒星に「四球が悪かった」

サンケイスポーツ 9月15日(木)9時32分配信

 (セ・リーグ、阪神4-6広島、24回戦、広島18勝6敗、14日、甲子園)1点リードの八回に登板したサターホワイトは粘りきれず2失点。来日初の敗戦投手となった。

 「こういうチームの前で隙を見せてはいけない。四球が悪かった。ああいう(1点差)場面で投げさせてもらえてすごく光栄だったのに、すごく悔しい」と後悔しきり。失点は8月16日広島戦(京セラD)以来。防御率も1点台から2・65まで跳ね上がってしまった。

最終更新:9月15日(木)9時32分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報