ここから本文です

阪神・福留、同点犠飛もガッカリ「最低限の仕事はできたと思う」

サンケイスポーツ 9月15日(木)9時33分配信

 (セ・リーグ、阪神4-6広島、24回戦、広島18勝6敗、14日、甲子園)相手の守備のミスで1点差とした七回、なおも一死満塁から福留が一時同点となる左犠飛を放った。

 このあとゴメスに勝ち越し打が飛び出したが、リリーフ陣が踏ん張れず、まさかの逆転負けにガッカリだ。「最低限の仕事はできたと思う」と、広報を通じてコメントしたが、試合後は険しい表情で、報道陣の問いかけにも無言だった。

最終更新:9月15日(木)9時33分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。