ここから本文です

首相「安保に貢献する技術、強化に取り組む」総合科学技術・イノベーション会議で

産経新聞 9月15日(木)12時27分配信

 安倍晋三首相は15日、政府の総合科学技術・イノベーション会議で、インターネットや人工知能(AI)、ロボット技術などを高度に組み合わせた社会・経済変革の考え方「Society(ソサエティー)5.0」の取り組みについて民間企業から説明を受けた。首相は「国家安全保障に貢献する技術については、本会議、防衛省と関係省庁が連携して、その強化に一層取り組んでいきたい」と述べた。

 同時に「政府はSociety5.0の実現に向けて、産業界とともに取り組みを強化していく。Society5.0の基盤技術である人工知能の研究開発については、限られた官民の資金を最大限有効に活用していく」と語った。

最終更新:9月15日(木)12時27分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。