ここから本文です

客いる岩盤浴場に熊出現 秋田・玉川温泉、石投げ追い払う

産経新聞 9月15日(木)13時33分配信

 14日午後5時15分ごろ、秋田県仙北市田沢湖玉川の玉川温泉の岩盤浴場に体長約1メートルのツキノワグマがいるのを清掃中の60代男性従業員が見つけた。男性が石を投げたところ、熊は山林に逃げた。

 仙北署によると、付近には当時、少なくとも5人の客がいたが無事だという。現場近くでは2、3の両日にも、熊がごみ箱をあさったり、排水溝のふたを開けて残飯をなめている姿が目撃されている。

 玉川温泉の岩盤浴場はがん患者などの湯治場として有名で、全国から客が訪れる。

 秋田県内では今年度、鹿角市で4人が死亡するなど熊による被害が相次ぎ、県は熊出没警報を出して警戒を呼び掛けている。

最終更新:9月15日(木)13時33分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。