ここから本文です

加藤紘一氏合同葬 YKK山崎氏「『加藤の乱』止めなかった僕が悪かった。」 小泉氏「惜しい人を亡くした。残念」

産経新聞 9月15日(木)14時1分配信

 9日に77歳で死去した加藤紘一元自民党幹事長の自民党・加藤家の合同葬が15日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれ、かつて加藤氏と「YKKトリオ」を結成した山崎拓元党副総裁と小泉純一郎元首相も参列した。

 山崎氏は弔辞で「最高のリベラルがこの世を去ったという思いだ」と盟友の死を悼んだ。また、加藤氏が山崎氏とともに森喜朗内閣不信任決議案に同調しようとしながら結局断念した平成12年の「加藤の乱」に触れ、「(同調しようとした加藤氏を)一度も止めなかった僕が悪かった。すまん」と述べた。

 小泉氏は記者団に対し「(加藤氏が)なぜ首相になれなかったのか不思議だね。若手の時からいずれ首相になると思われた加藤さんだからね。あれだけ優秀な政治家は珍しいので、われわれみんな、いずれは首相になる人だと思っていたんだがね。いま思い返してみて不思議だなと」と振り返った。その上で「惜しい人を亡くした。残念です」と語った。

 合同葬には、葬儀委員長を務めた安倍晋三首相(自民党総裁)や、「加藤の乱」で対立した森元首相、当時の自民党幹事長だった野中広務元官房長官、加藤氏と同じ宏池会(現岸田派)でたもとを分かった古賀誠元幹事長も参列した。

 ほかにも二階俊博幹事長、麻生太郎副総理兼財務相ら党幹部・閣僚、衆院の大島理森、参院の伊達忠一両議長、福田康夫元首相、河野洋平元党総裁、青木幹雄元官房長官、公明党の山口那津男代表、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表、共産党の志位和夫委員長、中国の程永華駐日大使ら多くの政財界関係者が献花した。

 「加藤の乱」当時、「大将なんだから」と涙ながらに加藤氏を引き留めた自民党の谷垣禎一前幹事長は自転車事故による頸髄(けいずい)損傷で入院中のため、姿を見せなかった。

最終更新:9月15日(木)17時11分

産経新聞