ここから本文です

【オーバルスプリント】今年もこのコンビ 戸崎&レーザー連覇!

サンケイスポーツ 9月15日(木)17時7分配信

 9月15日(木)の浦和競馬11Rで行われた第27回テレ玉杯オーバルスプリント(交流GIII、3歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・左1400メートル、12頭立て、1着賞金=2100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗で5番人気のレーザーバレット(牡8歳、美浦・萩原清厩舎)が連覇達成。好位追走から徐々に進出して、前の2頭を外から一気にかわして快勝した。タイムは1分25秒8(重)。

 半馬身差の2着に逃げ粘ったソルテ、さらに2馬身差の3着にはソルテの外を併走して逃げたレガルスイ(7番人気)が粘り込んだ。

 ◆戸崎圭太騎手「(連覇達成に)馬も浦和競馬場が大好きなようで、上手に走ってくれました。浦和コースも合っていますね。いいスタートを切って、好位置をいいリズムで取れました。きょうはある程度先にいく馬がいたので、それをみる形で進めました。最後もエンジンがかかると突き抜けてくれました。状態もすごくいいと聞いていたので自信を持って乗りました」

 オーバルスプリントの勝ち馬レーザーバレットは、父ブライアンズタイム、母コンプリカーター、母の父Mr.Prospectorという血統。鹿毛の牡8歳。北海道新冠町・ノースヒルズマネジメントの生産馬で、前田葉子氏の所有馬。通算成績は31戦10勝(うち海外1戦0勝、地方9戦3勝)。重賞は2015年交流GIII・オーバルスプリント、交流GIII・兵庫ゴールドトロフィーに次いで3勝目。萩原清調教師は昨年に次いでオーバルスプリント2勝目、戸崎圭太騎手は14年(キョウエイアシュラ)、15年(レーザーバレット)に次いで3年連続3勝目。

最終更新:9月15日(木)17時22分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ