ここから本文です

とまらない隠岐の海旋風! 取り直しの一番を制して5連勝/秋場所

サンケイスポーツ 9月15日(木)18時22分配信

 大相撲秋場所5日目(15日、東京・両国国技館)初日から2横綱2大関を相手に勝ちっぱなしの平幕隠岐の海は、平幕松鳳山を押し出して5連勝とした。

 隠岐の海は立ち合いで松鳳山の両手突きを受け、大きく上体をのけぞらせてしまった。もろ差しを許す形となったが、反対に松鳳山の両手をきめて一気に前に出た。土俵際で押し出す際に、松鳳山に体を反転されてしまい、きわどい勝負に。行司軍配は隠岐の海に上がったが、前日の相撲に続いて物言いがつき、審議の末に同体で取り直しとなった。

 2度目の立ち合いでは、隠岐の海は鋭い出足を見せ左を差すと、松鳳山にまわしを与えず一気に前進。そのまま押し出した。

 取組後、隠岐の海は最初の一番について「あの相撲は受けてしまって立ち遅れた」と反省。軍配は隠岐の海だったが、「正直に言って負けたと思いました」と内容の悪さを認めた。しかし、取り直しの一番では相手を圧倒し、「いい相撲が取れました。また明日ですね」と気持ちを切り替え、6連勝を見据えた。

 綱とりの大関稀勢の里は平幕貴ノ岩を寄り切って3勝2敗。大関豪栄道が関脇宝富士を寄り切って5連勝とした。かど番の大関琴奨菊は小結栃煌山を寄り切って4勝1敗。6日目には隠岐の海との対戦が組まれた。

最終更新:9月15日(木)20時3分

サンケイスポーツ