ここから本文です

阪神・高山が逆転の6号2ラン「スタンドまで届いてくれてよかった」

サンケイスポーツ 9月15日(木)19時40分配信

 (セ・リーグ、阪神-DeNA、23回戦、15日、甲子園)阪神は1-2で迎えた三回、高山俊外野手(23)が6号2点本塁打を放ち3-2と逆転した。

 三回、一死一塁で打席を迎えた高山は、石田の投じた2球目を阪神ファンの待つ右翼スタンドへ運んだ。8月25日DeNA戦(横浜)以来、15試合ぶりの一発となった。

 本塁打の高山は「打ったのはスライダー。いいボールが来たら、思い切ってスイングしようと心掛けていました。スタンドまで届いてくれてよかったです」とホットしていた。

最終更新:9月15日(木)19時40分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。