ここから本文です

トム・ハンクス、海老蔵を持ち上げる「日本のジェームズ・ボンド」

サンケイスポーツ 9月15日(木)20時14分配信

 来日中の米俳優、トム・ハンクス(60)が15日、東京・有楽町マリオンで行われた米主演映画「ハドソン川の奇跡」(クリント・イーストウッド監督、24日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 トムは出迎えたゲストの歌舞伎俳優、市川海老蔵(38)と握手を交わし、「きょうはカブキのメイクじゃないからよく分からなかったけど、日本のジェームズ・ボンドっていっていいくらいカッコイイね」と海老蔵を持ち上げた。

 共演の米俳優、アーロン・エッカート(48)も「一目で才能のある人だと分かるね。ハリウッドに来たらぼくらがやっつけられちゃうよ。なにせ“ボンド”だからね」とジョークを飛ばした。

 海老蔵は恐縮しつつ、同作について「『40年間パイロットをやってきて残り208秒で人生が変わった』というセリフに共感しました」と語った。

最終更新:9月15日(木)20時14分

サンケイスポーツ