ここから本文です

西内まりや、キューティーハニー役に膝上丈の赤いドレスで「いい意味で期待を裏切っています」

サンケイスポーツ 9月15日(木)21時55分配信

 歌手で女優、西内まりや(22)が15日、東京・新宿バルト9で行われた初主演映画「CUTIE HONEY-TEARS-」(10月1日公開)の完成イベントに出席した。

 巨大バルーンの中から膝上丈の赤いドレス姿で登場。永井豪氏(71)の人気漫画が原作で、アンドロイドのキューティーハニーこと如月瞳を演じており、「いい意味で期待を裏切っています」とニヤリ。

 映画出演にあたりアニメも見たというが、「今回はお色気を封印したスタイリッシュバージョン。アクションシーンも多く、成長させてもらいました」と胸を張った。

 同作については歌手、倖田來未(33)のヒット曲「キューティーハニー」を聞いて幼少のころから知っていたという。「カラオケに行くと、だいたいまず『キューティーハニー』を入れています」と明かした。

 自身のヒーローについて「シュワルツェネッガーさんの映画『ターミネーター』を見て育ちました。あこがれでした」と笑みを浮かべ、「今回自分がアンドロイド役で撃たれても死なないというのがうれしくて…。ちょっと意識しちゃいました」と話した。

 三浦貴大(30)、石田ニコル(26)らも登壇した。

最終更新:9月15日(木)22時37分

サンケイスポーツ