ここから本文です

日商会頭、総会で最低賃金の再検討を要望 引き上げ「経営状況とかけ離れている」

産経新聞 9月15日(木)18時25分配信

 日本商工会議所は15日、東京都内で通常会員総会を開催した。三村明夫会頭はあいさつの中で、「収益が改善した企業が賃金を引き上げることは望ましい」とした一方、今年度は25円と過去最大だった最低賃金の引き上げについて、「景気や経営状況とかけ離れた引き上げ」とし、「最低賃金のあり方について再検討が必要」との考えを示した。

 来賓として出席した安倍晋三首相は「中小企業の稼ぐ力を引き上げることが重要」とし、「下請法や独占禁止法の運用を強化し、業種別の(取引慣行是正の)ガイドラインを充実」させ、「下請け取引の条件改善にも全力で取り組む」ことを強調した。また、環太平洋連携協定(TPP)について、「次の臨時国会で早期承認が得られるように取り組んでいく」と語った。

最終更新:9月15日(木)18時25分

産経新聞