ここから本文です

スティーヴン・タイラー、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』出演の夢、叶うかも

BARKS 9/19(月) 0:18配信

映画『Guardians Of The Galaxy(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)』シリーズに出演したくて仕方ないスティーヴン・タイラーは、インタビューで「そのためなら何でもやる」と、ジェイムス・ガン監督へ熱烈なラブコールを送っていたが、その声は監督に届いたようだ。

スリラー映画『Happy Birthday』に出演し、演技に目覚めたらしいスティーヴンは先日、『People』誌に「もっと映画をやりたくなった。『Guardians Of The Galaxy 3』に出るためなら、俺はなんだってやる。ジェイムス・ガン、聞いているか?」と話した。

これを受け、ガン監督は早速、FacebookのQ&Aセッションでこう応えたという。「スティーヴンが出たがっていると聞いた。この前、インタビューで僕に向けてシャウトアウトしてたね。彼は“ジェイムス・ガン、聞いてるか?”って言ってた。その答えは、“イエス、スティーヴン。僕は聞いているよ”だ」

「僕はスティーヴン・タイラーの大ファンなんだ。光栄なことに、彼の娘リヴの作品を監督したことがある。彼女は素晴らしかった。その映画(『Super』2010年)の上映会で彼に少しだけ会った。彼はクールだよ。そして。もちろん、僕はいつかスティーヴン・タイラーと仕事をしたいと思っている」

『Guardians Of The Galaxy』の2作目は2017年春に公開予定。これには間に合わなかったが、3作目があればスティーヴンの夢が叶うかもしれない。

Ako Suzuki

最終更新:9/19(月) 0:18

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]