ここから本文です

<朝霧Jam 2016>、クラムボン・cero・THE SKATALITES・Todd Terje & The Olsensなど出演者全24組発表

BARKS 9/15(木) 20:12配信

2016年10月8日(土)9日(日)に静岡県 富士宮市 朝霧アリーナにておこなわれる<It's a beautiful day Camp in 朝霧Jam 2016>の出演者が発表された。

◆<朝霧Jam 2016>オフィシャル映像

海外アーティスト8組を含む全24組があきらかになっている。以下がタイムテーブルだ。

【RAINBOW STAGE】
■10月8日(土)
14:00-14:50 チャラン・ポ・ランタン
15:30-16:20 シアターブルック
17:00-18:00 cero
18:40-19:50 toe
20:30-21:45 Todd Terje & The Olsens

■10月9日(日)
9:30-9:45 ラジオ体操
9:45-10:30 本門寺重須孝行太鼓保存会
11:00-11:40 キセル
12:10-13:00 Jake Shimabukuro
13:30-14:20 クラムボン
15:00-15:50 Kurt Vile & The Violators
16:20-17:30 THE SKATALITES
18:00-19:00 あらかじめ決められた恋人たちへ

【MOONSHINE STAGE】
■10月8日(土)
14:00-14:45 toconoma
15:15-16:00 Marcelina
16:30-17:15 never young beach
17:35-18:15 agraph
19:00-20:00 Floating Points
20:15-21:45 Takkyu Ishino

■10月9日(日)
11:00-11:40 Michael Kaneko
12:00-12:45 王舟
13:15-14:00 ミツメ
14:30-15:15 Oi-SKALL MATES
15:45-16:30 Itaca Band
17:00-18:30 CONGO NATTY

  ◆  ◆  ◆

ネーミング通りにほとんどの人がキャンプインで参加するのが朝霧Jamだ。富士山を目前に臨む絶好の環境のもと、参加者それぞれがゆったりと思い思いに踊って飲んで遊ぶこのフェスの参加者のリピート率は高く、秋フェスのうち知名度ナンバーワンを誇る。

さらに今年は、10月9日(日)の10:00から20:00まで入場が可能な1日券が登場するという。醍醐味はやはり、自然のなかにどっぷりと身を置けるキャンプ体験にあると言えるだろうが、まずはこの機会にその魅力の片鱗に触れてみるのもよさそうだ。

<“It's a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam>
2016年10月8日(土)9日(日) 静岡県 富士宮市 朝霧アリーナ
Gate Open / Camp In :10/8(土)10:00
Show Start :10/8(土)14:00
Gate Close:10/9(日)20:00予定
※オーバーナイトキャンプ : 10/10(月)11:00まで指定場所でのキャンプが可能
※場外オートキャンプ : 10/10(月)11:00までふもとっぱらでのオートキャンプが可能
※10/9(日)1日券 : 10/9(日)10:00から20:00まで入場が可能(キャンプ泊不可)

【チケット】
イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット、岩盤にて発売中
■入場券 ¥15,000(おひとり・税込み)
こちらのチケットでキャンプも行って頂けます
小学生以下のお子様は保護者の同伴に限り入場無料です

■10/9(日)1日券 ¥8,000(おひとり・税込み)
こちらのチケットではキャンプ泊はできません
小学生以下のお子様は保護者の同伴に限り入場無料です
※9/17(土)10:00~発売開始

■駐車券(2名以上~受付)
場外・ふもとっぱらオートキャンプ駐車券 ¥8,000 (車1台・税込み)
場外・グリーンパーク駐車券 ¥4,000 (車1台・税込み)
場外・グリーンパーク 10/9(日)1日駐車券 ¥2,000 (車1台・税込み)

※お車でご来場の場合は、必ず入場券と併せて駐車券をお求めください。
駐車券のみの販売はございません。
※場外駐車場から会場まではシャトルバスでの移動となります。
※場内・オーバーナイト駐車券は売り切れました。
※当日券の販売はありません。事前にチケットをお求めください。

最終更新:9/15(木) 20:12

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]