ここから本文です

モーターヘッドのフィル・キャンベル、息子たちと結成したバンドのデビューEPリリース

BARKS 9月19日(月)0時26分配信

レミーが亡くなりモーターヘッドの活動を休止した2人が、それぞれ別の道を歩みだした。ミッキー・ディー(Dr)がスコーピオンズに加入したのに続き、フィル・キャンベル(G)は、息子たちと結成したバンドPhil Campbell And The Bastard SonsのデビューEPをリリースする。

◆Phil Campbell And The Bastard Sons画像

Phil Campbell And The Bastard Sonsには、フィル、彼の3人の息子Todd、Dane、Tyla、それにヴォーカリストのNeil Starrが参加。セルフ・タイトルのデビューEPはToddがプロデュースし、モーターヘッドの作品を手がけてきたキャメロン・ウェブがミックスしたという。「Big Mouth」「Spiders」「Take Aim」「No Turning Back」「Life In Space」の5曲が収録される。

シンガーのNeil Starrは、このバンドや音楽に関してKaaos TVにこう話している。「フィル・キャンベルはリフの神様だ。だから、どんなものになっているか、想像つくだろ。モーターヘッドのリフを聴くことがる。だが、その要素はあっても、俺はレミーのやったことやスタイルを真似しようとは思っていない。あれができるのはレミーだけだ。俺は自分のスタイルをこのバンドに持ち込んだ。でも、もちろん、ホントに素晴らしいリフがあるよ。フィル・キャンベルがいるバンドに君たちが期待するものがね」

『Phil Campbell And The Bastard Sons』は11月18日にMotorhead Musicからリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:9月19日(月)0時26分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。