ここから本文です

垢抜けない街・池袋が劇的にイメージアップした理由

投信1 9/15(木) 12:15配信

この記事の読みどころ

 ・ 2016年4月に東京・池袋の繁華街の中にある公園がリニューアルオープンしました。芝生公園化やカフェ併設によりイメージチェンジに成功し、豊島区が描く「国際アート・カルチャー都市構想」の中で人の流れを変える一翼を担っています。
 ・ カフェ併設の公園はまだ例が少ないと思われますが、その要因の1つに、現行の「都市公園法」では民間企業が公園内にカフェや売店等を設置できるのが10年までとなっている点が挙げられます。
 ・ 国土交通省は都市公園法を改正する方針を固めたようです。都市公園の活用の幅が広がれば、それに関係する民間企業の事業機会が広がるほか、街における人の動線の変化で、地域の不動産の競争力も変わってくる可能性があります。

東京・池袋のイメージ

東京の池袋。JR山手線を始め、4社8路線が乗り入れ、1日約260万人の乗降者数を誇る、新宿に次ぐ国内2位(世界2位)の巨大ターミナル駅を抱える、東京でも有数の街です。

この池袋に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

最近でこそ、「住みたい街ランキング」の上位に顔を出すようになってきましたが、一方で、「繁華街で治安が悪そう」、「雑然としている」、「何となく垢抜けていない」というイメージを持たれている方も少なからずいらっしゃるように思います。

池袋の繁華街の中にリニューアルオープンした南池袋公園

池袋駅の東口からほど近いところにある南池袋公園。豊島区では2番目に大きい公園です(1番は池袋駅西口の立教大学のキャンパス近くにある西池袋公園)。

リニューアル前は、街の中にあるわりには広めという典型的な都市公園でした。また、ボランティア団体や行政による炊き出しなどのホームレス支援の場としても使われていたせいか、豊島区の資料によると、「ホームレスが滞留している公園」というイメージが地域住民の間に根強くあったようです。

その南池袋公園を、特に若いファミリー層が子供連れで訪れたいと思える公園にしようと、7年越しの整備工事と地下変電所建設工事が行われ、2016年4月に全面リニューアルオープンとなりました。

1/3ページ

最終更新:9/17(土) 0:45

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。