ここから本文です

ローソン、三菱商事の子会社になって再出発。今後の課題を探る

投信1 9月15日(木)13時5分配信

三菱商事、ローソンを子会社化へ

日本経済新聞は2016年9月15日、「三菱商事はコンビニエンスストア3位のローソンを子会社化する。TOB(株式公開買い付け)を実施、出資比率を現在の33%から51%に高めることを検討している。買収額は少なくとも1,400億円を超える」と報じています。

同日朝、三菱商事 <8058> 、ローソン <2651> は、共にそうした事案はあるが検討段階で決定事項はないと開示しています。しかし、早晩この通りの決定がなされると予想されます。

「いままで子会社ではなかったの?」

読者の皆さんの中には、ローソンはすでに三菱商事の子会社ではないかと思っていた方がいらっしゃるかもしれません。

もともとローソンは、1970年代後半にダイエーが関西からスタートした歴史あるコンビニです。三菱商事がローソンに出資をしたのが2000年。その後、ローソンは三菱商事出身の新浪剛史氏(現サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長)が牽引し、コンビニ第2位のポジションを固めました。その後も三菱商事からマネジメント人材を受け入れてきたため、ローソンはすでに三菱商事の子会社だと錯覚しがちです。

しかし、正確には三菱商事はローソンの33.5%の議決権を保有する関連会社という位置付けです(三菱商事、2016年3月期有価証券報告書より)。

関連会社から子会社にするということは、三菱商事にとってはローソンの株を追加取得することで、よりローソンの事業リスクを取ることになります。その結果、収益が上がれば三菱商事の財務諸表に従来よりもしっかりこれを反映させることになるのです。

なぜ今なのか?

このタイミングである理由は3つほどあるでしょう。

第1に、ローソンの株価が冴えないことです。2016年2月には10,000円を超えていた株価は、この報道前の2016年9月14日には7,410円まで下げていました。三菱商事から見れば株買い増しの好機と見えたのでしょう。

第2に、ユニー・ファミリーマートホールディングス(以下、ファミマ)の発足によって国内コンビニ事業はセブン-イレブン・ジャパンとファミマの2強体制に移行し、ローソンは規模の面で業界3位が固定化しそうなことです。特に、ファミマは統合に伴って不採算店舗の整理を積極的に進めると見られ、体質強化が進みそうです。ローソンはこの状況を放置できないと考えたのではないでしょうか。

第3に、ローソンの国内事業における負の遺産の整理が進んだことです。低採算だったローソンストア100の店舗を大幅に整理し、ローソンの既存店では什器拡充などの投資を積極的に進め、コンビニ上位2社の攻勢に対抗する体制ができつつあります。

したがって、三菱商事は今、株を買い増し、しっかりと事業で攻めに転じれば、ローソンの業績もローソンの株価も好転する、そう考えていると筆者は想像します。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)11時40分

投信1

チャート

三菱商事8058
2285円、前日比+13円 - 9月30日 15時0分

チャート

ローソン2651
7970円、前日比+20円 - 9月30日 15時0分

チャート

ソフトバンクグループ9984
6522円、前日比-188円 - 9月30日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]