ここから本文です

台風が来ても、日本の会社員は頑張りすぎ?台湾の「台風休暇」がうらやましい

BuzzFeed Japan 9/15(木) 5:00配信

今年は台風が多くて悩ましいですね。台風が接近してきた時、みなさんはどうしていますか?【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

本音では、安全を考えて、在宅勤務や休みにしてもらえればうれしい。

でも、いつもより早く自宅を出発したり、公共交通機関を使わず歩いて出社したり、あえてオフィス近くのホテルに泊まったり。学校が休校になったのに親は出社しなければならず、子どもの預け先に困り果てたり。

そんな人も少なくないはずだ。

こんな切実な思いを語る人も

Twitterには、こう投稿されている。

「うちの会社は台風震災ある場合、いつもより早く起きて定時に会社来いっていう鬼畜仕様」

「弊社台風でもまず自宅待機/在宅勤務指示がでない素敵な会社で『有給使って休んでもいいのよ』ってなる感じのイケてる会社なので、台風来ようが全力で会社に行く所存である」

「変な時間に目が覚めた。今日は台風対策で会社の近くのホテル泊」

「会社の館内放送『台風15号は時速40kmで北東に進んでおり、18時前後には関東に上陸する見込みです。そのため、定時(注:17時半)になりましたら速やかに帰宅しましょう』オフィス内爆笑」

企業には、労働者の安全に配慮する義務があるが、台風でも無理して出勤させているケースは少なからずあるようだ。

一方で、無理に出社させず、従業員の安全確保に努める企業もある。

ソフトウェア開発販売会社のサイボウズは2012年、働く場所を自由に社員が選べる制度を導入した。

オフィス外で働ける時間の目安は、総労働時間の10%程度。当日であっても申請が可能で、在宅勤務や時差出勤ができるようになる。育児や介護だけでなく、台風にも適用される。

サイボウズの広報担当者は「個人やチームの生産性向上を図るためです」と説明する。

「台風の影響で、出勤の移動時間が長くなることがあります。そのため自宅はもちろん、駅やカフェで仕事をすることも可能にしています。顔を合わせなければいけない会議も、インターネットを使えばテレビ会議ができるので問題ありません。作業効率が下がることはないと考えています」

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 10:16

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。