ここから本文です

橋本マナミ、恋愛では苦労人?刺されかけたり、「死にます」メール受けたことも…

dmenu映画 9/15(木) 7:40配信

グラビアアイドルで女優の橋本マナミが、9月8日に放送されたテレビ朝日系「芸能人が実体験を告白! 最悪の一日」で、結婚まで考えていた元恋人が見せた偏執的な行動を明かしました。彼女はこれまでにもヘビーな恋愛エピソードをいろいろ披露しており、“国民の愛人”も恋愛に関しては結構苦労人なのかも……。

「嘘つき」「本当に尻軽女だよね」…恐怖のメール

橋本は同番組で、10年ほど前に知り合って結婚まで考えた「年上で、ハンサムではないけどダンディな素敵な方」という元恋人のエピソードを告白。仕事を続けたい橋本と恋人と、考え方の違いで別れ話になった際、彼が大暴れして駄々をこねだしたことがあったそう。しかし橋本は「ちょっと引いたけど、そこまで私のことを好きでいてくれる人はいない」と受け止めて、結局交際を続けることになりました。

あるとき橋本は女友達と海外旅行に行くことに。旅行と伝えたら心配させてしまうので、恋人には「仕事で海外に行く」と嘘をついたのですが、帰国すると大変な騒動が待ち受けていました。彼から「嘘つき」「君が海外に行ってたのは仕事じゃないよね。僕は全部知っているから」「本当に尻軽女だよね」など橋本を責めるメールが何通も届いていたのです。しかもメールの文末には「誰と一緒にいたんだよ!」と教えたことのない元彼の名前が何人も書いてあって……。

自分がずっとつけている日記を盗み読みしたんじゃないかと電話で問い詰めたところ、彼は「見たよ。でも日記だけじゃない。ずっと見ているよ、君のこと」と返してきて、橋本を震え上がらせたのでした。橋本が「警察に言いますよ」と伝えると、彼からの連絡は一切なくなったそうです。ちなみに橋本は3月10日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」でもおそらく同じエピソードを語っていますが、その際、「刺されそうになった」という表現を使っていました。

40代俳優とその恋人と、「死にます」修羅場に!?

また橋本は、4月15日に放送された関西テレビ「快傑えみちゃんねる」で明かした、40代俳優とのエピソードも話題になりました。ドラマで共演した40代の主演俳優から口説かれたものの、深い関係になることを避けていたそう。しばらくすると、その俳優の恋人を名乗る女性から「彼には女がいっぱいいて、あなたもその中の1人」「私は妊娠中で、堕ろせと言われたので今度堕ろします。全部マスコミに流して死にます。さようなら」とメールが届いたそう。そのため俳優は橋本に謝罪して、もう連絡してこなくなったそう。ちなみに5年ほど後その俳優と再会して、メールを送ってきた女性と結婚したことがわかったとか……。

昨年11月3日放送の日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」では、年収1億円以上という22歳年上の元恋人との苦い経験を明かしています。半同棲していたのは都内の超高級マンション、海外旅行はすべてファーストクラス、ゴルフ場への移動手段はヘリコプターというセレブ生活を送っていましたが、彼には女癖が悪いという致命的な短所があったそう。橋本は「お金があるからなんでも言うことを聞いて、奴隷のような自分がいた」と当時を振り返っています。

他にも2014年7月に都内で行った写真集の発売イベントでは、「気づいたら愛人だったことがある」として、交際を始めてから相手が妻子持ちだとわかった体験談を告白しました。

橋本は昨年9月に出席したイベントでは、かつて恋人にメールを100通送ったら「俺を解放してくれ」と振られてしまったと話し、「私って軽くお付き合いしてくれそうな感じがあるんでしょうね。でも実際深入りするとそんなことはなくて……」と語っていました。男たちを手玉に取るようなイメージですが、それはあくまで“イメージ”でしかない様子。実際はなかなか大変な目にあってきたんですね……。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9/15(木) 7:40

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]