ここから本文です

F3マカオグランプリ、FIA主導のワールドカップに格上げ開催へ

マカオ新聞 9/15(木) 11:03配信

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(以下、マカオGP)。1983年からフォーミュラ3(F3)グランプリが設けられ、アイルトン・セナ、ミヒャエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが優勝を経てF1にステップアップするなど、若手レーシングドライバーの登竜門的存在として注目を集めている。

 大会主催でマカオ政府体育局が所管するマカオGP委員会は9月14日深夜にプレスリリースを発出し、今年11月に開催を予定している第63回マカオグランプリのメインレース、F3マカオグランプリについて、従来のインターコンチネンタルカップから国際自動車連盟(FIA)主導のワールドカップへ格上げとなることを正式発表した。

 委員会によれば、F3ワールドカップの開催は今回が世界初とのこと。レースカテゴリーの格上げに伴い、ドライバーのエントリー条件と審査も厳格化されるという。なお、地元出身の若手ドライバーへの参戦機会を与えたい意向も示した。エントリー受付締切は9月30日であるとし、格上げに関する詳しい経緯説明及び第63回マカオGP全体の見どころなどを紹介する発表会を10月初旬をめどに行う予定とした。

 第63回マカオGPの開催期間は11月17日から20日までの4日間。期間中、市街地の一般道路を使った全長6.2kmのサーキット「ギアサーキット」を舞台にF3、オートバイ、GTカーなど7種類のレースが開催される予定。

最終更新:9/15(木) 11:03

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。