ここから本文です

サラ・ジェシカ・パーカーが歌手役 過去に「アニー」で歌声披露も

MusicVoice 9月15日(木)9時32分配信

 米女優のサラ・ジェシカ・パーカー(51)が新作映画の中で深刻な病気を抱える歌手を演じることになるようだ。

 ザ・ハリウッド・レポーターによると『セックス・アンド・ザ・シティ』でおなじみのサラは、深刻な健康問題が発覚したことにより愛してきた人々と再びつながりを持ち始める、ニューヨークで歌手として活動するヴィヴィアン役を務めるという。

 タイトル未定の同作品は、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を執筆したローラ・イーソンが脚本を担当、カリスマファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルドの人生を描いた『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』の監督を務めたファビアン・コンスタンがメガホンを取ることが決定している。

 今年冬からニューヨークで撮影がスタートするようだ。

 サラは同作品に出演するだけでなく、製作会社コンスタントとともにプロデューサーも務めるという。

 これまでサラが出演した作品の中で歌を歌う役どころはあまりなかったものの、10代の頃にブロードウェイミュージカル『アニー』に出演した経歴を持っている。

 そんなサラは来月から海外で放送開始となるHBO局のコメディドラマ『ディヴォース』に出演する。

最終更新:9月15日(木)9時32分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。