ここから本文です

「キャッスルモンスター」が話題 夜空に島原城の天守閣 長崎県

西日本新聞 9月15日(木)10時51分配信

 年間を通じてライトアップされている島原城(長崎県島原市)の天守閣の影が夜空に浮かび上がり、話題になっている。城を管理する島原城振興協会は、新たな観光の起爆剤にしようと「キャッスルモンスター」と名付けてPRしている。

【画像】ライトアップされた島原城の天守閣

 天守閣は高さ約36メートル。影は地上の投光器と天守閣の延長上の空に見えており、空気中の微粒子が自然のスクリーンになっているとみられる。

 普段は夜間閉館している城の天守閣からしか見えないとされるが、市の地域おこし協力隊の松原正武さん(40)が夜間開放のイベントがあった6月、影に気付いて撮影。インターネット上で公開したところ、幻想的な光景が話題を呼んだ。雨天以外なら、ほぼ確認できるという。夜間開放は今月17、18日にもある。

西日本新聞社

最終更新:9月15日(木)10時51分

西日本新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。