ここから本文です

大阪発のアート集団「COSMIC LAB」が魅せる人間のクリエイティビティのルーツとは

SENSORS 9/15(木) 13:00配信

クリエイティブの祭典Adobe MAX Japan。9月2日東京 有明ビッグサイトで開催されたイベントに2,100名を超えるクリエイターが集った。その祭典を華々しく彩るオープニングアクトとして登場したのが大阪を中心に活動するアート集団COSMIC LABだ。独自に開発したオーディオヴィジュアルデバイス「Quasar」を駆使し、ライブによるオーディオヴィジュアルパフォーマンスを披露、観客を魅了した。大阪・味園ビルを中心としたアートコミュニティに端を発し、これまでに高野山御開創1200周年の式典の演出を手掛けるなど日本の伝統的な価値観と最新のテクノロジーを横断することを目指す、彼らの柔軟なアプローチの秘訣に迫る。

右脳思考”と”左脳思考”の融合「テクニカルアーティスト」の仕事

■大阪・味園ビルのアートコミュニティから生まれたアート集団「COSMIC LAB」とは?

映画「味園ユニバース」の舞台ともなった味園ビルは、大阪のアンダーグラウンドカルチャーの中心地として現在も名の知られたスポットである。COSMIC LABはそこで開催されていたパーティ「Flower of Life」に端を発し、代表のColoGraPhonicこと三浦泰理氏を中心に、味園ビル近辺で活動するアーティスト同士がコラボレーションするミックスメディア・プロダクションとして存在していた。そして近年はプロジェクションマッピングやオリジナルのデバイス開発を始めとするテクノロジー表現を積極的に取り入れ、日本の伝統文化をリスペクトしながらアップデートするというアプローチを展開し活躍の場を広げている。 SENSORSではAdobe MAX Japanオープニングアクト後の彼らに取材を行った。

--現在のメンバー構成はどのようになっているのでしょうか?

Colo: メインは主宰である僕と、スコットランド出身で彫刻家だったインタラクティブアーティストのJamieと、QOTAROOや240Kというビジュアルアーティストと、制作の高良との五人です。 僕自身はVJとしてライブパフォーマンスや、映像制作、作品全体のディレクションを行っています。
Jamieはハードウェアやインタラクティブなインスタレーションのシステムを制作しています。
僕が、テクノロジーと日本の伝統文化とのコラボレーションについてテーマや理想とするデバイスのコンセプトを設定し、クリエイティブディレクターのJamieがテクニカルな部分を中心にスピーディーにプロトタイピングして、それを実際現場で使い倒してみて、ブラッシュアップを進めていくことが多いです。
今回のライブで使用した「Quasar」もそうやって制作したものです。

--大阪を中心に活動されているとお伺いしました。なぜ大阪だったのでしょうか。

Colo: もともと地元だったからということのほかに、大阪独特のリラックスした雰囲気が好きだったということもあります。あと、ボアダムスというバンドの影響も大きいです。

Jamie: 大阪の人のコミュニケーションの前提が、海外の雰囲気と通ずるところがあると思っています。例えばどんなに会社の偉い人でも、「まいど、もうかりまっか」という言葉ですぐに打ち解けることができる。海外の人が役職にとらわれることなく“hi.“と挨拶するような、緩いコミュニケーションの方法が大阪にはあるんです。

--リラックスしたコミュニケーションの中から得られる大阪という場所のメリットもあるのでしょうか。

Colo: 東京に対抗意識を持っているわけでは決してないのですが、東京にいると確かにエクストリームで魅力的な技能を持った人がどの分野にも必ず一人はいます。一方で大阪を始めとして地方は数がいない分、畑違いの人とも否応なしに同じ場に立つ状況が生まれます。良くも悪くも、イベントなんかのブッキングも方向性がぐちゃぐちゃになってしまったりすることがざらにあります。でも大阪のある種おおらかな雰囲気の中で、領域を横断することで生まれる新しいコラボレーションや、突然変異的に生まれる価値があるんです。COSMIC LABも味園界隈にいるアーティストとのさまざまなコラボレーションを行うことで、そんな新しい価値を提案していくプラットフォームとして機能していると言えます。

1/3ページ

最終更新:9/21(水) 14:39

SENSORS