ここから本文です

「うちの家内の胸の方が張り裂ける思いだと思います」…橋之助一問一答(3)

スポーツ報知 9月15日(木)0時0分配信

 15日発売の「週刊文春」で京都の人気芸妓との不倫疑惑が浮上した歌舞伎俳優・中村橋之助(51)が14日、都内で緊急会見を開いた。

【写真】週刊誌の不倫報道について「私の不徳の致すところ」と謝罪した中村橋之助

 ◆中村橋之助に聞く

 ―相手の女性に謝りたい気持ちは?

 「襲名にあたって支えて下さって、その方を含めてご尽力いただいたので、おわび申し上げたい。甘さが出てしまったと申し訳ないの一言でございます」

 ―随分、人気のある芸妓さんが橋之助さんに「会いたい」と東京に来た?

 「役者として人気があるのはありがたいことですが、もっと魅了するような舞台を精進していきたい。昔から存じ上げている方ですから。支えていただいている力強い方たちと思っています。(素敵な方?)そうでございますね」

 ―これからもお付き合いは続く?

 「お付き合いというより、来年の12月には京都での襲名披露もありますし、これからも京都の方々には支えていただきたいと思います」

 ―ホテルに泊まってはいない?

 「もちろんでございます。(何をしていた?)多くを語るというよりは私が申し訳なかったという…」

 ―過去にも会ったことは?

 「あったかなかったかはあれですが、たぶんあったと…」

 ―2人で会った?

 「それは僕のいけない行動だったと思います」

 ―奥様に辛い思いさせた?

 「長いこと連れ添っておりますので、胸の痛いところは痛いですけど、うちの家内の胸の方が張り裂ける思いだと思います。夫婦だから話すというより、もっともっとお互いを尊敬しあわないといけないのだなと改めて思います」

 ―奥様はどんな存在?

 「僕のような人間によくぞこんなに長い時間ついてきてくれているなということですよね。今回の襲名にあたっても、歌舞伎役者の妻だけでなく、世の奥様は素晴らしいなと思いますし。本当にうちの女房には助けてもらっている」

 ―今回、奥様は襲名あいさつに加え、謝罪行脚も…

 「襲名をしっかりと務めて、楽をさせてあげたいなと思いますね」
 ―襲名が無事に終わったら奥様に何かプレゼントを?

 「そうですね。僕はそういうことが不得意ですので、その時には皆様に相談を。でもなによりも家内へのプレゼントは、この襲名を滞りなく無事に務め上げるということが、家内だけじゃなくて支えて下さる皆様方にも、それが一番の(プレゼント)。僕にできることは八代目芝翫として舞台に立って皆様に喜んでいただける芸をお見せするのが皆様にできることだと」

 ―口上に何かプラスするコメントは?

 「そんなことは全く考えておりません」

 ―最後に改めてファンの皆様へ

 「多くの方にご迷惑をお掛けしましたこと、全くもって私の不徳の致すところだと思っております。なお一層芸道に精進して、月並みな言い方であるとは思いますが、どうか10月から始まる八代目芝翫の襲名興行が滞りなく務まりますよう、よろしくどうぞお願いいたします」

最終更新:9月15日(木)0時31分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。