ここから本文です

低音を効かせたい人は注目、ヤマハのサブウーファーNS-SW050は2万円!

Stereo Sound ONLINE 9/15(木) 12:20配信

2つの技術が相乗効果を発揮

 9月下旬、ヤマハからサブウーファー「NS-SW050」が発売される。価格は2万円で、カラーはブラックとウォルナットの2色。

 本機はバスレフポート端部に、ノイズを抑制するための独自技術「ツイステッドフレアポート」を採用する。これにより、ノイズの原因となるポート両端での気流の乱れを抑え、クリアーな低音を再生するとしている。

 また、空気そのものを振動板として利用し、重低音再生を行なう独自の「A-YST II(アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジー)」方式も用い、相乗効果によりクラスを超えたスピード感のある低音を再生するという。

 さらに、ケブラー繊維とマニラ麻を配合し、「NS-SW050」専用の音質チューニングを施したノンプレスの高剛性コーン振動板による200mmウーファーユニットを搭載することで、低音再生に適したバランスのよい音を目指している。

 パワーアンプは出力50W(5Ω)。電源部に大型のパワートランジスター採用したフルディスクリート構成により、キレのある低音になるよう図っている。

 加えて、ラウンドしたフロントグリルと木目調のキャビネットを組み合わせることで、シアター空間をスタイリッシュに演出するよう工夫している。

【NS-SW050の主な仕様】
■型式:A-YST II方式非防磁型
■出力:50W (100Hz、5Ω 10% T.H.D.)
■ユニット:200mmコーン型ウーファー
■再生周波数帯域:28Hz~200Hz
■入力部:アンバランス(RCA)
■インピーダンス:12kΩ
■寸法・質量:W291×H292×D341mm / 8.5kg

▼問い合わせ先
ヤマハ お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
電話番号:0570-011-808(ナビダイヤル)、053-460-3409

Stereo Sound ONLINE

最終更新:9/15(木) 12:20

Stereo Sound ONLINE