ここから本文です

小倉智昭、離婚発表の乙武氏に「いい仕事してもらいたい」……不倫は“必要悪”だった?

トレンドニュース(GYAO) 9月15日(木)14時25分配信

フリーアナウンサーの小倉智昭が、離婚発表した作家の乙武洋匡氏に「いい仕事をしてもらいたいと思います」とエールを送った。

乙武洋匡、俳優デビューで演技初挑戦>>

今年3月に“5股不倫”を『週刊新潮』に報じられた乙武氏だが、9月14日に公式サイトで、妻・仁美さんとの離婚を発表した。

小倉は9月15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で、「乙武さんも相当悩んだ末の結論だったろうと思う」「奥さまも本当に悩んだと思う」とコメント。自身はずっと乙武氏の不倫に対して、「奥さまの許容範囲の中での必要悪」という見方だったと話した。

小倉は「パラリンピックに行って、コメントとか文章とかこれから出てくると思うし、乙武さん目線で書いたものや発するものって、いいものが多い」と作家としての乙武氏を称賛する。「お子さんいらっしゃるし、養育費だってあるだろうから、お父さんこれからバリバリ働かなきゃだめですよね。いい仕事してもらいたいと思います」と今後の活動にエールを送った。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9月15日(木)14時25分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。