ここから本文です

初出場の辻沙絵、有言実行の銅メダル!

カンパラプレス 9月15日(木)8時47分配信

 リオパラリンピックの大会8日目にあたる14日、オリンピックスタジアムで陸上女子400m(T47クラス)決勝が行われ、日本記録保持者の辻沙絵(日体大)が、1分00秒62で3着に入り、今大会では陸上女子で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得。レース後には「有言実行通り取れて良かった」と嬉し涙を見せた。

 スタートから飛び出した4人に対し、辻は冷静に予定していた通りのレース展開で後ろから追いかけていった。「後半に落ちてくると思っていたので、自分はラスト100mで勝負すると決めていた」という辻。最終コーナーで疲労で足が動かなくなった2人を追い抜き、3番目に浮上。そのままゴールし、銅メダルを獲得した。

「(3着でゴールしたことは)わかってはいたが、ゴールした瞬間、本当にメダルが取れたことが信じられなかった」と辻。パラリンピックは予想以上に輝かしい場所だった、と振り返った。

 辻が本格的に陸上を始めたのは、昨年3月。もともとはハンドボールの選手で、高校時代にはインターハイに出場した経験も持つ。日体大にはスポーツ推薦で入り、ハンドボール部に所属。関東の1部リーグでプレーしてきた。

 しかし、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、大学からのアプローチもあって陸上でパラリンピックを目指し始めた。昨年は世界選手権に出場し、100mで6位入賞。その後、メインを400mに変更。今年3月のグランプリシリーズドバイ大会では日本新記録を更新し優勝しており、パラリンピックでのメダルが期待されていた。

(文・斎藤寿子)

最終更新:9月15日(木)8時47分

カンパラプレス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]